アホの子だった・・・

  • 2012.08.12 Sunday
  • 16:43


 昨日、その場で数学と理科の答案を返され、

 「明日の解説を聞いても無駄だから途中で帰れ」

 と言われた中3のNMとMH。

 信じられないことに、今日、普通に登場。

 ・・・何もやらなかったのか。

 「もう一度調べてやり直してきたので、解説を聞かせてください」

 と言ってくるのを期待したのが間違いだったようだ。

 まあ、何もやっていないなら仕方ない。

 この時期にアホの子たちにかまっている場合ではないので

 予告どおり国英社の解説が終わった段階で帰宅させた。

 過去5年間の8月道コンの得点データを渡して。

 それを見て、まだ姿勢が変わらないようなら

 もうアウトだろう。

 

もう何回同じことを書いたかわからんが・・・

  • 2012.07.11 Wednesday
  • 23:44


 問題集をやった。

 解答を見て採点した。

 70点だった。

 間違ったところは解答を見て正しい答を書いた。

 

 ・・・これは「勉強」ではないからな。



 これを「勉強」だと勘違いしている親子が

 「勉強したのに結果が悪かった」とか

 「ウチの子は机には向かっているのにテストは悪い」とか

 言うわけだ。



 そりゃそうだろう。

 上記のようなことしかやっていないのであれば

 問題集とまったく同じ問題が出ても70点しかとれないからな。

 実際のテストでは50~60点くらいだろう。

 

 少し考えればわかると思うんだが。

 問題集をやって答え合わせをするってのは

 単なる「確認」だよな?

 そうすることで自分の「覚えていないこと」や「できないところ」がわかるわけだから。

 「勉強」ってのは、そこからさらにやることを指すんだぞ?



 解説を読んで解けなかった問題の解き方を理解する。

 解答を見て覚えていなかったことを覚える。

 それが「勉強」

 ・・・ではない。

 これでもまだ「中途半端な勉強」だ。



 間違った問題をもう一度やり直す。

 解けるようになったかどうか

 覚えたかどうかを「確認」する。

 これで終わり

 ・・・ではない。

 ここまでが「1セット」なのだ。



 一度できるようになっても

 一度覚えても

 忘れる生き物なのだよ、人間は(忘却の度合いは人によって異なる)。

 だから繰り返すわけだ。

 少し時間を置いて。

 定着するまで。

 そこまでやったなら、「勉強した」と言って良い。



 勉強したのにできなかった、というのは

 勉強した気になっていたけど実は勉強していなかったからできなかった、というケースが

 99%を占めていると私は思う。

 

 なお、最後の「確認」を実際に問題を解くことなく「見るだけ」で済ませるヤツがいるが

 そういうヤツは間違いなく本番で失敗する。

 最後の最後で手を抜かないように。





 

 
 

質問!

  • 2012.06.30 Saturday
  • 23:49


 塾生たちに質問。



 社会および理科(計算分野を除く)の塾のテストの前に

 どんな勉強をすればいいと思いますか?

 どんなことをすれば8割以上とれますか?



 塾のテストの勉強をする前に

 そういうことを考えていますか?


 

やりたくないことから

  • 2012.06.29 Friday
  • 22:41


 私は18の頃から塾講師をやっており(もちろん初めはアルバイト)

 10年ほど組織の中で働いていたわけだが

 努力の方向を間違っているヤツを何人も見てきた。

 「生徒にウケるために手品の練習をする講師」とか

 「生徒と共通の話題を持つためにTVドラマをすべて見る講師」とか

 そういうヤツだ。

 そしてそういうのに限って

 いやいや、そんなことをする前に教材研究の1つでもしなさいよ、

 と言いたくなるくらい授業がヘタクソだから救いようがない。

 要は自分の好きなこと(楽なこと、と言ってもいい)をやることを「努力」と言い張り、

 教材研究などのやらなければならないこと(やりたくないことなんだろう、たぶん)を

 後回しにしているだけなんだが。

 

 これを読んで、「しょうもないヤツがいるんだな」と思ったキミ、

 キミも勉強で同じことをしていないだろうか?

 やらなければいけないけれどやりたくないことを後回しにして

 楽にできることや自分の得意なことだけをやって

 「勉強した!」という気分に浸っていないだろうか?

 もし心当たりがあるなら、アドバイスを1つ。

 勉強は一番やりたくないことからやりなさい。

 それが今のキミに最も必要なことだから。



 

いつも通り

  • 2012.06.03 Sunday
  • 22:55


 今週から、試験対策は

 「追試をクリアするまで新しい問題はやらせない」

 という形になります。

 まあ、いつも通りのことですが。




 本日までの追試の状況は


 中1 問題なし

 通常通り問題演習ができるでしょう


 中2 微妙

 科目によっては次回追試だけで終わってしまいそうな生徒がいます


 中3 無理

 おそらく全員、次回は追試だけで終わるでしょう

 科目によっては問題演習ができる生徒がいるかもしれません


 という感じです。



 中3は合格が少ないのと修学旅行の後の週というのが重なり

 追試の枚数が多くなっていますね。

 さすがに先週の44枚を越える生徒はいませんが(笑)

 

 中体連前の練習がきつくなる時期と

 定期試験勉強の時期が重なって

 部活をやっている生徒にとっては苦しい時期ですが

 時間が足りない分はスピードと集中力で補うしかありません。

 苦しいときこそ成長するチャンスだと考えましょう。

 頑張ってください。

 

 
 

今、苦しいのは

  • 2012.05.31 Thursday
  • 23:59


 先週に続いて今週も南高の生徒が自習に来た。

 土曜日も来るとのこと。

 そういう先輩の姿を見て

 何かを感じている生徒もいれば

 何も感じない生徒もいるのだろう。

 きっと。



 清田中3と平岡中3の試験範囲が判明し

 残るは平岡中2だけとなった。

 平岡中3の社会の範囲は

 日清戦争から大正デモクラシーまで。

 進度が遅いうえに範囲も狭い。

 総合ABCとか、大丈夫なのか?



 全く同じ問題の追試で8割取れない中3が怒鳴られる。

 明らかに勉強が足りない。

 テスト前の今、苦しいということは

 前回のテストが終わってから今までずっと手を抜いていたということ。

 そのツケが今、回ってきている。

 400点を越えたいなら、残り2週間必死に頑張るしかない。

 何度も言うが、中途半端な努力はしないほうがマシ。

 やるなら覚悟を決めてやりぬいてほしい。

 

 最後に、私が今まで見てきたダメな生徒の共通点を1つ。

 「覚えたかどうか、できるようになったかどうかのチェックが甘い」

 例えば、化学反応式を10個暗記するとしよう。

 何度も見る、声に出して読む、手を動かして書く

 覚え方はいろいろ。

 問題はそのあと。

 覚えたかどうかを自分でテストしてみること。

 ダメな生徒は、それができていない。

 「覚えたような気がする」で終わっているのだ。

 だから、全く同じ問題で8割すら取れない。

 自分でもう一度テストをしてみたら、ダメなことがわかるだろうに。



 中途半端な勉強は、やらないのと同じ。

 やるなら最後までしっかりと。

 それを忘れないように。





 


 

特別授業

  • 2012.05.27 Sunday
  • 23:37


 定期試験2週間前から、日曜日に特別授業が入ってきます。

 ルールはいつもどおりですが、念のため確認を。



 前回の定期試験が480点以上の生徒は、日曜日は来なくても良いです。



 前回の定期試験が450点以上の生徒は、日曜日の科目を自分で決めて良いです。



 上記以外の生徒は強制。



 部活の練習や大会、他の習い事とのバッティングなどで日曜日に来られない場合は

 別な曜日に前倒しして受けても構いません。

 もちろん、事前連絡必須。

 後ろにずらすのは基本的に認めません。



 なお、今回も2週間前(試験範囲表が出た段階)から

 解き直しと追試をクリアするまで新しい過去問は受けられません。

 他のみんながどんどん新しい過去問に入る中で

 自分だけ終わらずに追試、などという情けないことにならないよう、

 しっかり勉強してください。

 

 
 

新中3生へ

  • 2012.04.03 Tuesday
  • 21:26


 本日の道コンをもちまして

 新中3の春期講習は終了しました。

 そこで新中3のみなさんに質問です。

 

 今まで解けなかった問題が、解けるようになりましたか?

 今まで覚えていなかったことを、覚えることができましたか?



 こう聞かれて、すぐに

 「はい。4大工業地帯・地域の工業別出荷額の割合のグラフの判別ができるようになりました」

 というように、具体的にできるようになったことがいくつか思い浮かんだ人は

 春期講習を自分の勉強に役立てることができた人です。



 1つも思い浮かばない人は・・・

 一言で言うと、「残念」な人ですね。

 自分の勉強に対する姿勢や勉強の方法をもう一度見直してください。

 「解けなかった問題が解けるようになること」

 「覚えていなかったことを覚えること」

 それが「勉強する」ということです。

 塾に通って授業を受ける「だけ」

 机に向かって問題を解く「だけ」

 それは勉強「のようなもの」であって、勉強ではありません。

 間違えないように。




 



 

中2は追試決定。

  • 2012.02.22 Wednesday
  • 22:59


 前回実施した、平成23年度の社会の入試問題を採点したところ、

 中1はほぼ全員が8割以上だったのに対し、

 中2は全員が半分以下。

 うむ。

 追試だな。



 というわけで、中2のみ追試を行うことに決定。

 中2のみ、来週の土曜日は「追試あり」なので

 そのつもりで。

 半分以下の点数では「清田」は夢のまた夢だからな。

 学年末が終わってほっとしているところだろうが、

 入試まであと1年という現実を忘れてはいけない。




 

あと2週間

  • 2012.02.21 Tuesday
  • 23:37


 公立校入試まであと2週間。

 すべきことは、ただ1つ。

 復習。

 具体的には

 「一度やった問題を二度と間違えない」

 ことが目標。

 理解するまで

 覚えるまで

 何度でもやり直すこと。

 前回の授業でやったことを忘れているのは

 復習が甘い証拠。

 今、努力の汗を流さない者は

 結果が出てから後悔の涙を流すことになるぞ。

 あと2週間、全力を尽くしなさい。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

蛍雪舎のホームページはこちらから。

第2教室の本棚はこちらから(作成途中)。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM