同感

  • 2012.05.15 Tuesday
  • 22:38


 ロカビリー先生のこの記事は素晴らしい。

 ぜひ読んでいただきたいと思う。


 
 親の役目は

 子どもの道から困難を取り除いてやることではなく

 困難に立ち向かう方法を教えてやることではないだろうか。

 

 「ウチの子はそんなに強くないから」

 などという寝言を言わないでほしい。

 生まれたときから「強い」子など、いない。

 色々なことを乗り越えて「強くなった」のだ。

 「成長した」と言い換えてもいい。



 本来は子どもに乗り越えさせるべき困難を

 「かわいそうだから」という理由で取り除いてやることは

 成長の機会を奪ってしまうことと同義である。

 (もちろん、親が取り除いてやらなければいけない困難もあるが)


 
  

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

蛍雪舎のホームページはこちらから。

第2教室の本棚はこちらから(作成途中)。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM