「デキる生徒」への道 二歩目

  • 2016.11.06 Sunday
  • 14:28

 

 デキる生徒への道の第一歩は「授業中に覚えること」だと書いた。

 

 では、二歩目は何か。

 

 それは「宿題を真面目にやること」。

 

「復習をしっかりすること」と言っても良い。

 

 

 

 例えば数学。

 

 方程式の解き方を教える。

 

 例題を解説し、演習させる。

 

 この段階では全員が解けている。

 

 ところが、次回テストをすると…

 

 解けなくなっている生徒がいるわけだ。

 

「わからない」ではなく

 

「覚えていない」のだということがよくわかる。

 

 人間は忘れる動物である。

 

 だからこそ反復が必要なのだ。

 

 にもかかわらず、宿題で手を抜く。

 

 解答を丸写しして全部〇をつけて提出。

 

 阿呆である。

 

 

 

 

 例えば社会。

 

 宿題として出したワークの問題に

 

「1972年に通商を求めたロシアの使節は誰か」

 

 というのがある。

 

 宿題をチェックすると「ラクスマン」と書いてあり

 

 〇がついている

 

 ところが、テストをすると…

 

 空欄。

 

 解答を丸写ししているのがよくわかる。

 

 もちろん、そういう生徒は吊し上げを喰らう。

 

「K君は宿題は全部正解なのに、テストは半分以下」

 

「どういうことかな」(笑顔で尋ねる)

 

 K君、無言。

 

「解答を丸写ししたんだろ!」(怒声)

 

 K君、「はい…」(蚊の鳴くような声で)

 

 馬鹿である。

 

 

 

 なお、当たり前のことだが

 

 覚えることが20個ある場合、

 

 授業中に8割覚えてしまえば

 

 家で残り2割、つまり4個だけ覚えれば良いが、

 

 授業中に全く覚えていなければ

 

 家で20個覚えなければならない。

 

 授業中にできるだけ覚えてしまえば

 

 それだけ家で勉強する時間が少なくて済む。

 

 

 

 毎日、夜12時過ぎまで勉強している生徒は

 

 一見頑張っているように見えるが

 

 実はある意味危険な生徒なわけだ。 

 

 家で長時間やらなければならないということは

 

「授業中に覚える」ことができていない可能性が高いのである。

 

 実際にウチでも

 

「昨日、夜中の1時まで勉強した」

 

 と言って眠そうにしている生徒が

 

 デキる生徒である例はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

「デキる生徒」への道 一歩目

  • 2016.11.04 Friday
  • 21:57

 

 昨日欠席した生徒は残念ながらインフルエンザに罹患していた。

 

 治るまではゆっくり休んでほしい。

 

 治ったら地獄が待っているのだから(笑)

 

 

 

 さて、試験対策も中盤から終盤に差し掛かっているが

 

 すでに大きな差がついている。

 

 昨日までの段階で、

 

 全学年で最も進んでいる生徒は

 

 5科目で計21種類の問題演習を終えているが、

 

 最も進んでいない生徒はたった9種類である。

 

 この差はいったいどこからくるのか。

 

 デキる生徒とデキない生徒は何が違うのか。

 

「何もかも違う」というのが私の答。

 

 

 

 授業中の姿勢

 

 ノートのとり方

 

 宿題のやり方

 

 小テストへの取り組み方

 

 配布したプリントの整理の仕方

 

 テストのやり直しのやり方

 

 などなど、本当に何もかもが違うのだ。

 

 

 

 ということは、

 

 デキない生徒がデキる生徒になるためには

 

 この違いをなくせばいいわけだ。

 

 

 

 残念ながら今のところ「デキない」側の塾生たちへ。

 

 デキる生徒になるための第一歩は

 

「授業中に覚える」

 

 ことである。

 

 特に社会と理科。

 

 デキる生徒は新しく教えたことの8割くらいは

 

 授業中に覚えてしまっている。

 

 だから家での復習は残り2割分でOK。

 

 デキない生徒は下手をすればゼロ。

 

 新しく教えたことを授業中に何一つ覚えていない。

 

 だから家での復習はゼロからのスタート。

 

 暗記は家でするものではなく

 

 授業中にするものなのだ。

 

 

 

 黒板に書かれたことを

 

 何も考えずにノートに写すだけではダメなのだ。

 

 ノートに写すのはあくまでも覚えるため(と、あとで復習に使うため)。

 

 目と手だけでなく脳をフルに使って

 

 できるだけ授業中に覚えてしまえ。

 

 それが第一歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いんふる

  • 2016.11.03 Thursday
  • 16:24

 

 清田中でインフルエンザ流行の兆し。

 

 中2では既に学級閉鎖になっているクラスも。

 

 ウチでもインフルエンザの疑いがある生徒が

 

 本日1人欠席。

 

 

 

 外から帰ったら、手洗いとうがいを徹底しましょう。

 

 熱が出て「インフルエンザかも」と思ったら

 

 すぐに病院に行って診断を受けましょう。

 

「多分大丈夫」という自己判断をして

 

 塾に来てはいけません。

 

 私に感染ったら大変です(笑)

 

 インフルエンザの可能性がある場合は

 

 まず、病院へ。

 

 その結果、インフルエンザに感染していたら

 

 治るまでおとなしく休みましょう。

 

 治ってから、必死に勉強してください。

 

 

 

 以上、塾生へのお知らせでした。

 

 

 

 

 

first priority

  • 2016.10.29 Saturday
  • 21:36

 

 君らにとっての最優先事項は「勉強」である。

 

 趣味よりも

 

 部活よりも

 

 友人よりも

 

 まず「勉強」優先。

 

 それを心に刻み込むべし。

 

 

 

 勘違いしないでほしいのだが

 

 勉強「だけ」をしろと言っているわけではないぞ。

 

 趣味に時間を使いたければ使えばいいし

 

 部活に打ち込みたければ打ち込めばいい。

 

 友人と遊びたければ遊べばいいのだ。

 

 勉強が終わったあとで、な。

 

 

 

 時間がない、などと甘えたことを言わないように。

 

 時間とは工夫して作るものである。

 

 効率よくやれば、勉強時間は短縮できるぞ。

 

 ある程度までは。

 

 ポイントは

 

「時間を無駄にしないこと」

 

 と

 

「集中すること」

 

 だ。

 

 

 

 どうせやらなきゃいけないことなら

 

 とっとと終わらせて

 

 残りの時間を好きなことに使おうぜ、という話。

 

 

 

 

 

できるようになるために

  • 2014.04.15 Tuesday
  • 23:17
できるようになるためには

まず、「できるようになりたい」と思うこと。

次に、「できるようになるにはどうすればいいか」を考えること。

そして最後に、それを実行すること。

思い、考え、実行する。

それが大切。

勉強だけに限らず、ね。


 

入試予想最低点

  • 2013.03.07 Thursday
  • 22:45


 北海道学力コンクール事務局さんに

 入試予想最低点を送信していただいた。

 道コン事務局のHPでも見られるので

 興味のある方は参考にしていただきたい。

 先日も書いたように、自己採点結果が正確ならば

 (あるいは厳しく採点しているならば)

 今年の3年生は全員問題なさそうだが・・・

 正確だよな?

 な?

 

 

続けなければ意味がない

  • 2012.10.01 Monday
  • 23:05


 努力をしたり

 頑張ったりするのは

 とても簡単。

 誰にでもできる。

 難しいのは

 それを続けること。

 そして

 努力や頑張りというのは

 通常、続けないと意味がない。



 テストの点数が悪かった。

 授業をしっかり聞くことにした。

 宿題をちゃんとやることにした。

 テストの前に勉強することにした。

 ・・・でも三日坊主。

 それでは意味がないだろう。



 もう一度繰り返そう。

 続けることは難しい。

 が、続けないと意味がない。



 覚えておくように。



やる気

  • 2012.09.11 Tuesday
  • 23:18

 蛍雪舎は

 やる気のない生徒にやる気を出させる場所ではない。

 やる気のある生徒を伸ばしてゆく場所だ。

 やる気は他人に与えてもらうものではない。

 自分の中から必死に絞り出すものだ。

 その辺を勘違いしないように。



 「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。

  捜せ、そうすれば、見いだすであろう。

  門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」

        (新約聖書・マタイによる福音書7章7節)



 求めない者には何もやらんよ、私は。

ここが正念場。

  • 2012.09.04 Tuesday
  • 23:28


 最後まで手を抜かずにやり抜くか

 「これくらいでいいや」と途中でやめるか。

 その姿勢の差が

 そのまま結果の差につながると知れ。

 テストまで、あと1日。

 健闘を祈る。



 

反復

  • 2012.08.25 Saturday
  • 22:54


 反復しろ。

 何度でも。

 覚えるまで。

 途中でやめたら

 それは何もやらないのと一緒だ。

 いいか、

 覚えるまで

 やれ。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

蛍雪舎のホームページはこちらから。

第2教室の本棚はこちらから(作成途中)。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM