強制呼び出し

  • 2016.12.09 Friday
  • 21:33

 

 今日は中1のKを強制呼び出し。

 

 昨日、テストのやり直しを7枚やってこなかったためだ。

 

 なお、宿題も忘れてきたのでそちらは昨日の授業中にやらせた。

 

 当然、終わるまで授業には参加させていない。

 

 宿題忘れとやり直し忘れが発覚した段階で家に電話し、

 

 家で勉強していないようならスマホを没収してください、

 

 と伝える。

 

 なお、今週は中学校で三者懇談があるため

 

 学校はずっと午前授業。

 

 つまり、宿題ややり直しを行う時間はたっぷりあったわけで

 

 情状酌量の余地はない。

 

 家でやらないなら塾に呼び出してやらせる。

 

 それが蛍雪舎の方針である。

 

 

 

 

祝!15周年

  • 2016.12.08 Thursday
  • 19:07

 

 12月8日。

 

 太平洋戦争開戦の日。

 

 蛍雪舎は15周年を迎えました。

 

 15年間好きなようにやってきたので

 

 これからも好きなようにやっていく所存であります。

 

 無事に16周年も迎えられるといいなあ(←フラグ)。

 

 まあ、なにはともあれ

 

 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

平常授業、再開

  • 2016.11.20 Sunday
  • 17:46

 

 先週の金曜から平常授業が再開。

 

 中1と中2は12月で、中3は11月で教科書を終える予定。

 

 中2と中3は余裕を持って終えられそうだが

 

 中1の英語と数学が厳しい…。

 

 ギリギリで終わるか

 

 下手をすると終わらないかも。

 

 冬休み明けから学年末試験対策に入るためにも

 

 なんとか12月中に終わらせてしまいたい。

 

 

 

 

 

 

試験対策終了

  • 2016.11.15 Tuesday
  • 16:23

 

 昨日をもって試験対策が終了。

 

 最後の1週間は体調を崩し(たぶん風邪)、

 

 ボロボロになりながらも何とか終わった。

 

 生きるのに精一杯でブログは無理だった。

 

 情けない…。

 

 

 

 今日から3日間はテスト明けの休講。

 

 ようやくタイヤ交換と病院へ行ける。

 

 塾生のみんなもゆっくり休んでくれ。

 

 ただし、受験生は除く。

 

 

「デキる生徒」への道 二歩目

  • 2016.11.06 Sunday
  • 14:28

 

 デキる生徒への道の第一歩は「授業中に覚えること」だと書いた。

 

 では、二歩目は何か。

 

 それは「宿題を真面目にやること」。

 

「復習をしっかりすること」と言っても良い。

 

 

 

 例えば数学。

 

 方程式の解き方を教える。

 

 例題を解説し、演習させる。

 

 この段階では全員が解けている。

 

 ところが、次回テストをすると…

 

 解けなくなっている生徒がいるわけだ。

 

「わからない」ではなく

 

「覚えていない」のだということがよくわかる。

 

 人間は忘れる動物である。

 

 だからこそ反復が必要なのだ。

 

 にもかかわらず、宿題で手を抜く。

 

 解答を丸写しして全部〇をつけて提出。

 

 阿呆である。

 

 

 

 

 例えば社会。

 

 宿題として出したワークの問題に

 

「1972年に通商を求めたロシアの使節は誰か」

 

 というのがある。

 

 宿題をチェックすると「ラクスマン」と書いてあり

 

 〇がついている

 

 ところが、テストをすると…

 

 空欄。

 

 解答を丸写ししているのがよくわかる。

 

 もちろん、そういう生徒は吊し上げを喰らう。

 

「K君は宿題は全部正解なのに、テストは半分以下」

 

「どういうことかな」(笑顔で尋ねる)

 

 K君、無言。

 

「解答を丸写ししたんだろ!」(怒声)

 

 K君、「はい…」(蚊の鳴くような声で)

 

 馬鹿である。

 

 

 

 なお、当たり前のことだが

 

 覚えることが20個ある場合、

 

 授業中に8割覚えてしまえば

 

 家で残り2割、つまり4個だけ覚えれば良いが、

 

 授業中に全く覚えていなければ

 

 家で20個覚えなければならない。

 

 授業中にできるだけ覚えてしまえば

 

 それだけ家で勉強する時間が少なくて済む。

 

 

 

 毎日、夜12時過ぎまで勉強している生徒は

 

 一見頑張っているように見えるが

 

 実はある意味危険な生徒なわけだ。 

 

 家で長時間やらなければならないということは

 

「授業中に覚える」ことができていない可能性が高いのである。

 

 実際にウチでも

 

「昨日、夜中の1時まで勉強した」

 

 と言って眠そうにしている生徒が

 

 デキる生徒である例はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬期講習日程

  • 2016.11.05 Saturday
  • 16:14

 

 試験対策の合間を縫って冬期講習の予定を立てました。

 

 こちらです。

 

 例年通り、中3生の募集は既に終了していますが

 

 どうしても、という場合はご相談ください。

 

 

 

 

 

「デキる生徒」への道 一歩目

  • 2016.11.04 Friday
  • 21:57

 

 昨日欠席した生徒は残念ながらインフルエンザに罹患していた。

 

 治るまではゆっくり休んでほしい。

 

 治ったら地獄が待っているのだから(笑)

 

 

 

 さて、試験対策も中盤から終盤に差し掛かっているが

 

 すでに大きな差がついている。

 

 昨日までの段階で、

 

 全学年で最も進んでいる生徒は

 

 5科目で計21種類の問題演習を終えているが、

 

 最も進んでいない生徒はたった9種類である。

 

 この差はいったいどこからくるのか。

 

 デキる生徒とデキない生徒は何が違うのか。

 

「何もかも違う」というのが私の答。

 

 

 

 授業中の姿勢

 

 ノートのとり方

 

 宿題のやり方

 

 小テストへの取り組み方

 

 配布したプリントの整理の仕方

 

 テストのやり直しのやり方

 

 などなど、本当に何もかもが違うのだ。

 

 

 

 ということは、

 

 デキない生徒がデキる生徒になるためには

 

 この違いをなくせばいいわけだ。

 

 

 

 残念ながら今のところ「デキない」側の塾生たちへ。

 

 デキる生徒になるための第一歩は

 

「授業中に覚える」

 

 ことである。

 

 特に社会と理科。

 

 デキる生徒は新しく教えたことの8割くらいは

 

 授業中に覚えてしまっている。

 

 だから家での復習は残り2割分でOK。

 

 デキない生徒は下手をすればゼロ。

 

 新しく教えたことを授業中に何一つ覚えていない。

 

 だから家での復習はゼロからのスタート。

 

 暗記は家でするものではなく

 

 授業中にするものなのだ。

 

 

 

 黒板に書かれたことを

 

 何も考えずにノートに写すだけではダメなのだ。

 

 ノートに写すのはあくまでも覚えるため(と、あとで復習に使うため)。

 

 目と手だけでなく脳をフルに使って

 

 できるだけ授業中に覚えてしまえ。

 

 それが第一歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いんふる

  • 2016.11.03 Thursday
  • 16:24

 

 清田中でインフルエンザ流行の兆し。

 

 中2では既に学級閉鎖になっているクラスも。

 

 ウチでもインフルエンザの疑いがある生徒が

 

 本日1人欠席。

 

 

 

 外から帰ったら、手洗いとうがいを徹底しましょう。

 

 熱が出て「インフルエンザかも」と思ったら

 

 すぐに病院に行って診断を受けましょう。

 

「多分大丈夫」という自己判断をして

 

 塾に来てはいけません。

 

 私に感染ったら大変です(笑)

 

 インフルエンザの可能性がある場合は

 

 まず、病院へ。

 

 その結果、インフルエンザに感染していたら

 

 治るまでおとなしく休みましょう。

 

 治ってから、必死に勉強してください。

 

 

 

 以上、塾生へのお知らせでした。

 

 

 

 

 

どうでもいい

  • 2016.11.02 Wednesday
  • 23:02

 

 本来なら、今日で全学年の試験範囲表が揃うはずだったのだが

 

 昨日、中2のKが範囲表を忘れてきた…

 

 遅刻の連絡が来たときに、

 

「範囲表を忘れずに!」

 

 と言ったにもかかわらず。

 

 なぜ、30分前に言われたことを忘れるのだろう。

 

 

 

 きっと理由は「どうでもいい」からに違いない。

 

 テストなんかどうでもいい。

 

 勉強なんかどうでもいい。

 

 心のどこかでそう思っているのだろう。

 

 どうでもいいことは忘れるよなあ。

 

 

 

 月曜に忘れてきた中1のKと昨日忘れてきた中2のK。

 

 この2人は現在実施している問題演習の進み具合も遅い。

 

 前回の定期試験でも400点未満。

 

 心の持ち方が行動にも結果にも現れているのだと

 

 早く気づいてほしいものだ。

 

 

 

 などと偉そうに書いている私だが

 

 もう10年以上前に

 

 当時つきあっていた彼女の誕生日を

 

 完全に忘れていたことがある…

 

 

 

 仕事が忙しかったとはいえ

 

 非常に申し訳なかったです、はい。

 

 

 

  

 

 

リハビリ中

  • 2016.10.31 Monday
  • 22:51

 

 期末試験2週間前。

 

 テスト範囲発表。

 

 中1のK、見事に忘れてくる。

 

 持ってくるように言ったの昨日なのに…

 

 ちなみにこういう生徒も

 

 塾に通ってもなかなか成績が上がらない場合が多い。

 

 今日は

 

「次回忘れたら、もうオマエの試験対策はしない」

 

 と怒ったが、次回は大丈夫だろうか…。

 

 やれやれだ。

 

 

 

 最近は毎日更新を目指してブログを書こうとしているが

 

 忙しいときは書けずにいる。

 

 リハビリにはしばらくかかりそうだ。

 

 がーんーばーるーぞー。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

蛍雪舎のホームページはこちらから。

第2教室の本棚はこちらから(作成途中)。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM